Land of Hope and Dreams

~夢と希望を持ち続けるために~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まれ血 II群

今日は131回目の献血。成分献血の受付終了りギリギリに行ったので、血漿の成分献血となった。

それはさておき、受付票に「まれ血 II群」(「まれけつ」と読む)とあるのが目に止まった。はてはて?今まで全身麻酔の手術を4回受けたが、そんなことを言われたことがない。問診医に尋ねたら、輸血の際に心配することはないとのこと。

日本赤十字社東京都血液センターの献血用語集によれば「検出頻度が100人に1人から数千人に1人程度まで」とあり、数千人に1人やったら輸血に難儀するんちゃうん?それよりどういう型のまれ血 II群なのか非常に気になる。
スポンサーサイト

100回目の献血

100回目の献血は400mlでということで献血してきた。サブスリーのつもりが4分30秒かかってしまった。献血前にジムで走ったので、血液の粘度が上がっていたためだろうか。今年の目標で達成できたのはこれだけだったが、健康で居られたことなので良としよう。

サブスリーならず

献血すべく四条献血ルームに行ったが、休業日だった(祝日が休業であることをすっかり忘れていた)。仕方なく京都駅前献血ルームに移動した。成分献血を申し出たが、血小板が薄いので400mlにして欲しいと頼まれた。断る理由もなかったので400ml献血にしたが、採血時間は3分5秒で、またもやサブスリーを逃してしまった。

四条で献血してアジャンタでカレーを食べるつもりだったので、代わりに京都駅から丹波口に出てサーガルでキーマカレーを食べて帰宅した。

献血DNS

手術から6ヶ月経ったので献血に行った。京都丹波ロードレースを控えているので、成分献血を申し出た。手術とかの事情を話して問診はパスしたが、事前の血液検査で白血球値が以前の値より高かった。正常範囲内であるが、以前より2倍近くになっているので、採血できないとのことだった。

風邪気味でもないが、骨折後抵抗力が落ちているのでそういう値が出たかもしれない。

献血もDNS

今日は八坂神社に初詣。おみくじは大吉だ、やったー!

帰りに久々の献血をしようと献血ルームに行ったが、抜釘から日が浅いので断られてしまった(6ヶ月後でないと献血できないとのこと)。マラソンのDNSに続いて献血もDNSとなってしまった。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。