Land of Hope and Dreams

~夢と希望を持ち続けるために~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼、南海ホークス

今頃なぜか、「帰らざる黄金の日々~南海ホークスへの鎮魂歌」という番組が放送されていた。杉浦さんも亡くなり、同期の長嶋も倒れて、銭が落ちていたグラウンドはもうない。

番組の内容は、黄金時代の一翼を担った野村克也と、鶴岡(球団)との確執が全面に出たものでいささか不満足であった。鶴岡が三冠王をとった野村を「三冠王がなんぼのもんじゃい!」と罵倒したことから、確執が始まったらしい。その後、現夫人との不倫騒動などで南海を解雇されるのだが。。

なんばパークスの一角にある南海のホークスのメモリアルコーナーには、野村の名前はない。未だ確執が尾を引いていて、本人から辞退したそうだ。プライベートはともかく、選手・監督しての功績は偉大なだけに残念でならない。

南海黄金時代の終末期だったが、小さいころの南海は強かったし、夢と希望を与えてくれた。野球を含めスポーツはそうあるべきである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lohad.blog32.fc2.com/tb.php/24-9668cde8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。