Land of Hope and Dreams

~夢と希望を持ち続けるために~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100針突破

今回の手術で、皮膚の縫合が、通算で100針を超えたようである(正確に覚えていないが)。昨日は、抜鉤と呼ばれる針を抜く処置をした。文房具のステイプルリムーバと同じ要領で抜くのであるが、そんなに痛みはなかった。

で、手首をシーネで固定すると思っていたら、ギプスで固定された。シーネは抜鉤までの仮の固定だった。最近のギプスは石膏で固めるのではなく、水硬性樹脂とガラス繊維で編まれた包帯を巻き、水分を含ませて固めるものである。だから、一見して包帯が巻かれているかのように見える。
gips.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lohad.blog32.fc2.com/tb.php/290-d967cd7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。