Land of Hope and Dreams

~夢と希望を持ち続けるために~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重計の修理

体重計(タニタのTBF-602)が故障していた。右側に荷重を掛けると軽く表示される不具合だった。とにかく分解しないと埓が明かないので、分解してみた。

デジカメで撮るのを忘れたが、内部構造は下図にあるように、踏台からの荷重が部材9を介して、支点7で支持され四隅から中央にX字状に延びるアーム8a,8bに伝達され、歪センサ3を押圧する構造であった。で、右下のアームが外れていたので、アームを元通りに戻して、ケースを元に戻して修理完了。体重計を買い替えずに済んだ。

JPA_1996086686fig6.gif
特開平08-086686号公報の図6より

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lohad.blog32.fc2.com/tb.php/363-fbe735f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。