Land of Hope and Dreams

~夢と希望を持ち続けるために~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴を投げる競技が五輪新競技に?

世界各地で要人(または要人の写真など)に靴を投げ付ける事件が多発している中、靴を投げる競技が次回のロンドンオリンピックの正式競技になりそうだ。

国際オリンピック委員会消息筋によると、単に靴の投擲距離を競う競技と、靴を当てる側と靴を避ける側に分かれて靴をぶつけ合う競技の2種目になるという。特に、後者の種目では靴を避ける動作に芸術点を加味する従来にないスポーツになる。これは、昨年イラク人記者から靴を投げられ、その靴を避ける、ブッシュ前米国大統領の動作が、芸術性が高いと評価されたためだという。

また、ブッシュ氏はオバマ大統領の就任式で靴を投げ付けており、その投擲力が高く評価されているため、目下2種目の代表候補となっている。そして、ブッシュ氏は”Bring them on!”(かかってこいや!)とやる気満々である。一方、禁固刑を言い渡されたイラク人記者はロンドンに向け練習中と言われ、同オリンピックではブッシュ氏と因縁の対決となりそうだ。

なお、ブッシュ氏にちなんで、プレッツェル早食い競技の提案もあった。しかし、万一競技者に事故があった場合、日本のセイコ・ノダ大臣がしゃしゃり出て、こんにゃくゼリーの二の舞いに成りかねないとの、プレッツェル製造者団体の困惑を考慮して、同競技は否決された。

また、韓国オリンピック委員会からマウンドに旗を立てる競技の提案があった。こちらは、スポーツを冒涜する恥ずべき行為であり、競技に全く値しないとして他の委員からボコボコに一蹴された。

日本政府高官:「麻生総理はモントリオールに出場したが、私はロンドンでこの競技に出る。靴が私に当たる訳がない。靴が飛んできたら『フォア』と叫んで避けたらいいんだよ」

(今年は僭越ながら虚構新聞の記事にリンクをした。)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lohad.blog32.fc2.com/tb.php/509-8f337c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。